神王伝説クリスタニア<下>

cs7

Legends of Crystania

電撃文庫 メディアワークス
1996年6月25日
白井英 原作:水野良
イラスト:宝谷幸稔

シェールたちによって神王バルバスは永き眠りについたかに見えた。バルバスの支配力のなくなったベルディアでは、暗黒の民と猛虎の民による内戦の火蓋が切られていた。暗黒の民のマイリー神殿に身を寄せていたシェールと合流したボークスら一行は、唯一残っていた獣の牙の砦「ロマ」に向かった。一行がそこで見たものは、倒したはずのバルバスの奇跡によって壊滅した砦の無残な姿だった。
バルバスは復活していたのだった。シェールとボークスら一行は神王バルバスを倒し、漂流王の魂を救うため、胡蝶の民のキサラの案内で混沌界に向かうが……。

(c水野良/グループSNE

PAGE TOP