ソード・ワールド短編集 ただひとたびの奇跡

Sword World

sw4
富士見ファンタジア文庫 富士見書房
1993年9月25日
水野良/白川剛他 安田均/水野良編
イラスト:米田仁士

ファンタジーに欠かせないもの、といえば、なんといってもそれは”魔法”。 もちろん、ソード・ワールドの世界のも、さまざまな魔法が存在する。 魔術師が使う古代語魔法、司祭の使う神聖魔法、精霊使いの精霊魔法、そして吟遊詩人が操る呪歌。原理も使われかたも違うこれらの魔法にひとつの大きな共通点がある。それは、これら魔法が使われるときは、必ずそこに”ドラマ”があるということだ。 大人気のシェアード・ユニバース短編集第七弾。今回のテーマはズバリ”魔法”。 水野良をはじめとする四人の俊英が、さまざまな魔法の魅力と、それに関わる人々の生きざまを描く!

PAGE TOP