身近な読者

先日、千葉に住む義理の妹夫婦のところに電話をしたときの事。

「息子の〇〇が水野良の小説を読んでいて、ブレイドラインが面白いって言ってるんだけど……」

何でも、通っている中学校で読書の時間があって、その時に、ずっと水野の小説を読んでくれているそうです。一番好きなのは、ロードス島伝説だとか。こんな身近に読者がいるとは!と嬉しいやら恥ずかしいやら……
近くの本屋さんに、ブレイドラインの続きを売ってないらしく、その次の日に続きを送りました。

現在、5巻目を執筆中ですが、頑張らねば!                                                                                                                                      (内)

PAGE TOP